のぞみN700系の無線LAN

ゴールデンウィークに東海道新幹線のN700系に乗る機会があったので、3月14日から始まった無線LANサービスを使ってみた。

使用した機器は、ASUS EccPC901-Xと、Zaurus SL-C860+WN-G54CFの二種類だ。

使い方としては、一般的な無線LANアクセスポイントと全く同じ。EeePC901-Xを立ち上げ、ワイヤレスネットワークを表示させると、検出したアクセスポイントのssidが4つ表示された。


docomo、mobilepoint、UQ_WiFiは分かるが、0033は何だろう。NTTComのHOTSPOTだろうか。

私はBBモバイルポイントに加入しているので、"mobilepoint"を選んで「接続」ボタンをクリックすると、WEPキーの入力画面になる。WEPキーは一度入力しておけば記憶される。あとはお馴染みのログイン画面が表示されるのでログインして使うだけだ。




ZaurusでもBBmobileの設定を登録してあるので、選択して「接続」ボタンをクリックするだけだ。


レスポンスは波があって、遅い時は結構待たされる。編成単位で最大2Mbpsの帯域を共有しているのでアクセスが集中すれば遅くなるのは当然だろう。

EccPC901-Xはバッテリーの持ちが良いので東京-新大阪間位は全然問題ないが、N700系の窓側には電源コンセントがあるので、電源面でも安心だ。ちなみに一番前と一番後には全席分の電源コンセントが付いているのでお勧め。但しコンセントは壁に付いているので、一番後の席だと背後の壁ということになるが。あと、グリーン車には全席アームレスト部にコンセントが付いているらしい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)