もうすぐ納車

マツダのボンゴ・フレンディというワンボックスカーを注文しました。

この車は、1995年のデビュー以来幾度となくマイナーチェンジを繰り返してきたものの、基本設計はそのままの為、今となってはライバル車に比べて見劣りする点が多々あります。

明らかにモデル末期であり、来年にもマツダの主力ミニバンであるMPVと統合(吸収?)されてしまうという噂もあります。

エンジンは非力な2Lガソリンしかなくなってしまったし、4駆モデルも消えてしまいました。もちろんスライドドアは片側しかないし、電動式も選べない。

そんな化石みたいな車を何故敢えて新車で買おうとするのか・・・

その一番の理由は、AFT(Auto Free Top)という、いわゆるポップアップルーフのモデルが安価に手に入れることができるからです。

最新のミニパンに後付けでポップアップルーフにしたものならボディビルダー各社から販売されていますが、いかんせん高価。もちろんキャンピングカーとしての装備を考慮すれば当たり前の価格なんでしょうけど。

それと、カミサンも運転するので、車幅が5ナンバーサイズで取り回しし易いこともポイントでした。

仮にモデルチェンジ後のフレンディ(名前が残るかどうかは知らないが)にポップアップルーフモデルがあったとしても、恐らくボディサイズは3ナンバーサイズに拡大されていることでしょうから、このサイズのフレンディを新車で手に入れることはもうできなくなってしまうでしょう。

昨年末の工場火災の影響でしばらく生産中止していたフレンディでしたが、ようやく生産開始したようで、ディーラーからは今月末から来月頭の納車と言われています。なんとか夏休みには間に合いそうです。

ということでこのブログでは、フレンディや旅、キャンプにまつわる話題などを綴っていこうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)