スターデジオの録音(1)録音環境

スカパー!の音楽ラジオチャンネル、スターデジオは、ジャンル別に100チャンネルあり、24時間音楽を流し続けている。曲名、演奏者名のリストはPDFファイルになっていてウェブサイトから落とせる。
そこで、スカパー!チューナーから光ケーブルでPCに取り込んで、mp3にしてiPODに入れて楽しむ、ということを数年前から行っている。
これを行うには、光オーディオ入力インターフェースのあるパソコンが必要だ。通常のアナログオーディオ入力でもできなくはないが、どうしても雑音が入るので、曲間の無音検出がうまくできないことがある。
私は玄人指向のCMI8738-6CHLPサウンドボードという、光オーディオ入力の付いたサウンドボードを使っている。ヨドバシで2千円程度で購入したものだ。
録音ソフトはフリーでもいくつかあり、少し前からSumSoftさんのReckyを使わせてもらっている。
このソフトの便利なところは、タイマー録音を設定すれば、放っておいても曲間で区切ってmp3ファイルを作成してくれることももちろんだが、スターデジオのサイトから落としてきた曲名ファイルを読み込んで、一括でファイル名変換できる機能が秀逸だ。(曲名リストPDFを落としてテキストファイルに変換してくれるDigioTxtというitouhさんのフリーソフトを使う。)同時にID3タグも更新してくれるという、スターデジオをエアチェックするにはいたれりつくせりのソフトだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)