炊飯器

2年ちょっと使った炊飯器が警告音とともにE12というエラーを表示して炊けなくなった。
象印のNP-JA10という圧力IH炊飯器である。
その前に使っていた三菱のIH炊飯器を保管してあったので、とりあえずそちらを使ってみたが、やはりどうにも美味しく炊けない。
それにしても2年ちょっとで壊れるというのは早過ぎはしないか。三菱のは10年位使っていたのだが。
ネットで検索すると、出るは出るは、象印の炊飯器のE12エラーは定番のようだ。圧力センサーに問題があるようだが、そうならクレーム扱いにしてまだ症状がでていないのも交換しろよって思う。
当時3万円以上も出したのに裏切られた思いだ。かみさんも、もう二度と象印は使いたくないと言っている。
ということで、修理せずに廃棄を決定。一応各社のカタログを比較したが、今度は圧力式は避け、タイガーのJKJ-A100にした。近くのオリンピックで2万円以下で特売していたので即買い。非圧力なので静かだし、手入れも簡単で、デザインも良い。もちろん十分美味しく炊けたので今のところ満足だ。特に私好みの香ばしいおこげ入りのご飯が炊ける「おこげ」モードが気に入った。今度は長持ちしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)