Apple IDの変更方法と注意点

iPhone, iPad, iPod Touch, Macなど、Appleの製品を持っている人は必ず持っているApple ID。

Apple IDは、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple サービスへのアクセスに使用する他、複数のAppleデバイスを持っている場合の連携や、家族のAppleデバイスとの連携などでキーとなるIDです。

通常、Apple IDにはメールアドレスを使いますが、これにプロバイダのメールやキャリアメールを使ってしまうと、プロバイダやキャリアを変更するとメールが使えなくなり、Apple IDに関する通知が届かなくなる場合があります。

従ってApple IDには、Gmailなど将来に渡って汎用的に使える可能性の高いメールを使うことをお勧めします。Apple IDにiCloudメールを使っている場合は変更できませんが、それ以外なら後から変更可能です。

ここではApple IDを変更する手順と、変更する上での注意点について明らかにします。

なお、記事中ではiPhoneのブラウザからアカウント管理ページにアクセスする例で説明していますが、PCのブラウザでも見え方は違いますが項目はほぼ同じです。

Apple ID変更の事前準備

現状のApple IDの確認

まずは現在のApple IDの設定を確認しましょう。

Apple IDの設定については、アカウント管理ページで確認できます。

https://appleid.apple.com/

サインインしてアカウント管理ページが表示されたら、「セキュリティ」をタップして、

「セキュリティ」項目の「信頼できる電話番号」が最新の電話番号になっていることを確認しましょう。

なお、「通知用メールアドレス」(2ファクタ認証あるいは2ステップ認証が有効になっていない場合は「修復用メールアドレス」)が設定されている場合、同じメールアドレスをApple IDに設定できません。

他のメールアドレスを使うか、こちらに設定しているメールアドレスを変更、あるいは削除して下さい。

2ファクタ認証あるいは2ステップ認証が有効になっていない場合は「修復用メールアドレス」を設定しておくことをお勧めします。

「修復用メールアドレス」が設定されている状態で2ファクタ認証を有効にすると、設定されていたメールアドレスは「通知用メールアドレス」として保持されますが、「通知用メールアドレス」を削除した場合は再設定できません。

最新のiOSでは2ファクタ認証を無効化することはできなくなっているので、もはやあまり意味のないメールアドレスだと思われます。(筆者は削除してしまいました)

新しいApple IDの確認

新しくApple IDにするメールアドレスは、普段お使いのメールでいいのですが、Apple IDに関わる通知が届きますので、将来に渡っていつでもメールボックスにアクセスできるメールアドレスにしましょう。

但しiCloudメールは、Apple IDに設定すると以後変更ができなくなりますので、あまりお勧めしません。

新しくApple IDにするメールアドレスとパスワードを確認したら、すぐにメールボックスにアクセスできるようにしておきましょう。

Apple IDのサインアウト

変更するApple IDでサインインしているデバイスのアプリやサービスは、変更前に全てサインアウトしておくことをお勧めします。また、「探す」の設定もオフにしておきましょう。

iPhoneでは次のものになります。

  • iTunes Store & AppStore
  • Face Time
  • iMessage
  • iCloud

なお、全てのAppleデバイスからサインアウトしている間は2ファクタ認証が使えなくなります。確認コードを求められた場合はSMS(あるいは音声通話)で受け取ることになりますので、必ず最新の電話番号が設定されていることをアカウント管理ページで確認しておきましょう。

Apple ID変更手順

Apple IDの変更自体はあっという間に完了します。

1.Apple IDのアカウント管理ページへアクセスし、認証が通って認証して管理ページが表示されたら「アカウント」をタップします。

2.「アカウント」項目の「Apple IDの変更…」をタップします。

3.Apple IDとして使用する新しいメールアドレスを入力して「次へ」をタップします。

4.Apple IDのパスワードを入力して「続ける」をタップします。

5.新しいApple IDのメールに届いた確認コードを入力して「次へ」をタップします。

6.以上でApple IDの変更が完了しました。

Apple ID変更後の注意点

Apple IDの変更が終わったら、各Appleデバイスに新しいAplle IDでサインインしていきます。

但し、筆者の気づいた範囲で注意すべき点を以下に挙げます。

iCloudバックアップがONになる

iPhoneやiPadでiCloudにサインインし直すと、iCloudバックアップがONになります。

iCloudバックアップを使用している場合は問題ありませんが、使用していない場合は、すぐにOFFにしないとバックアップが始まってしまう可能性がありますので、注意しましょう。

場所は、設定>Apple ID>iCloud にあります。

モバイルSuica、Walletのカードは再登録が必要

モバイルSuicaを使用していた場合、Suicaアプリが使えなくなっています。

まず、WalletにSuicaを登録してからSuicaアプリを再起動し、パスワードを入力すれば使えるようになります。

Walletに登録していたクレジットカードなども消えていますので、必要なら再登録しましょう。

App用パスワードを利用しているアプリは再発行が必要

Windowsカレンダーなど、iCloudと同期するのにApp用パスワードが必要なものについては、App用パスワードを再発行して同期をやり直す必要があります。

App用パスワードは、アカウント管理ページの「セキュリティ」項目から発行することができます。

まとめ

以上、Apple IDを変更するに当たっての事前準備や実際の手順、変更後の注意点について述べました。

なお、本記事の内容は、iOS14.5.1を前提にしています。バージョンアップにより内容が変更になることがありますので、ご了解下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)