ミューズノータッチ泡ハンドソープのディスペンサーの故障、分解修理

もう何年も使っているミューズのノータッチ泡ハンドソープですが、急に泡の出が悪くなり、赤いLEDの点滅が止まらなくなりました。

ミューズノータッチ泡ハンドソープ

通常、LEDの点滅は電池交換のお知らせなのですが、新品の電池に交換しても症状は変わりません。

ついには洗剤が全く出なくなってしまったので、分解してみました。

ノータッチ泡ハンドソープのディスペンサーの分解

まずは電源をOFFにして洗剤ボトルを抜き、底蓋を取ります。

ちなみに新型は単三乾電池2本ですが、筆者が使っているモデルは旧型なので単三乾電池4本仕様です。

電池は一応外しておきましょう。

この奥3箇所にネジがあるので外します。

ミューズノータッチ泡ハンドソープの底

次に上部のボトルを受ける部分を外します。ここは泡の出口近くのツメ3箇所を外すことで上に抜くことができます。

ミューズノータッチ泡ハンドソープのツメ
ミューズノータッチ泡ハンドソープの上部はずし
ミューズノータッチ泡ハンドソープの上部はすしたところ

泡の出口のそばにある赤外線の発光部は、下から押すと簡単に抜くことができます。

ミューズノータッチ泡ハンドソープの発光部

あとは洗剤の管と配線に注意して本体を下に抜きます。

このとき電源スライド部品が一緒に外れるので、なくさないようにして下さい。

これで内部構造が見えるようになりました。

ミューズノータッチ泡ハンドソープの本体部分

ノータッチ泡ハンドソープのディスペンサーの仕組み

このピストン部分がモーターで上下することで洗剤と空気を別々の管で送り、出口の直前で混合させて泡状にする仕組みのようです。

ミューズノータッチ泡ハンドソープのピストン部分

電源を入れると、泡の出口そばの発光部から赤外線が出てボディ中央の受光部(黒い部品)で受けます。

この赤外線が遮られると、一定時間モーターが作動するようになっています。

それではバラした状態で動作を確認してみるため、もう一度電池をセットします。

電源を入れると受光部のLEDが点滅しますが、発光部を受光部に向けてやると点滅が止まります。

受光部を外すとモーターが作動してピストンが上下するのが見えるはずです。

そして正常ならこれで出口から泡が出てくるはずです。

ノータッチ泡ハンドソープのディスペンサーのピストン部分

筆者の場合はそもそもピストンが上下しなかったので、この部分を更に調べてみました。

この4箇所のネジを外すことで、ピストン部分のカバーを取ることができました。

ミューズノータッチ泡ハンドソープのピストン部分の分解
ミューズノータッチ泡ハンドソープのピストン部分を分解したところ

この状態ではモーターの動作に問題がありませんでした。

ミューズノータッチ泡ハンドソープのピストン動作1
ミューズノータッチ泡ハンドソープのピストン動作2

そこで簡単に清掃して元に戻しました。

こんどはちゃんとピストンが上下するようになったので、どこかがひっかかっていたようです。

ノータッチ泡ハンドソープのディスペンサーの泡製造部分

これで直ったかと思ったのですが、管を付けて動作させると、やはりピストンがひっかかったような動きになります。

管がどこかで詰まっているのが原因ではないかと当たりを付け、管の出口の部分を外してみると、すんなりとピストンが動くことが確認できました。

どうやら空気と洗剤を混合させる部分が詰まっていたようです。

写真では見にくいですが、この出口の部分が非常に細かいメッシュになっていて、そこに洗剤が詰まったのではないかと思います。

ミューズノータッチ泡ハンドソープの泡製造部分のメッシュ

ということで、この部分を水で丹念に洗ってみたところ、見事復活させることができました!

ミューズノータッチ泡ハンドソープの泡製造部分

まとめ

久し振りに元気に泡が出てきて、とても感動しました。

以上、ミューズのノータッチ泡ハンドソープのディスペンサーの分解修理についてでした。

同じような症状の方の参考になればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)