jigブラウザとibisブラウザ

今使っている携帯はドコモのD905i、2007年12月の発売直後に手に入れたものだ。三菱はこの機種を最後に携帯電話から撤退してしまったが、スライド型としては秀逸な出来で、とても使いやすくて気に入っている。
D905iの購入と同時にフルブラウザアプリのibisを導入した。携帯フルブラウザのもうひとつの雄、jigブラウザと迷ったが、当時試用した範囲ではあまり差を感じられず、料金が安いこともあり、取り敢えずibisを使ってみることにしたのだ。
それからもう1年が経過したが、ふと思い立って、jigブラウザをもう一度試してみた。
今回は1年間ibisを使っていたこともあり、jigとibisの差がはっきりと感じられた。
jigで一番気に入ったのは、テキスト部分が画面幅で折り返して表示されることだ。これは狭い携帯の画面でサイトを閲覧するのにとてもありがたい。jigができるならibisでも同じような設定ができても良さそうなものだが、残念ながら見つからなかった。
それから、D905iの加速度センサーに反応して、携帯を横にするとブラウザも自動的に横向きに回転してくれること。ibisもショートカットに設定しておけばキー一発で回転できるのだが、私にはあまり使い道のなかった加速度センサー機能だけに、ちょっとうれしい。
逆に起動時間はibisの方が早いし、Google検索までのステップが少ない点はibisの方が使いやすい。また、何故かjigではニュースサイトのasahi.comを表示できないのが困った点だ。
ということで、どちらも一長一短、jigの方は他にも色々機能が豊富なのだが、私は使いそうもない機能ばかりだし、相変わらず使用料も倍だ。
だが結局、最初に買いたテキストの読み易さの一点でjigに乗り換えることにした。しばらく使って見てから、もう一度比べてみるつもりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)