はてなブログにwwwなし独自ドメインをリダイレクト

独自ドメイン(www.uwano-sora.com)を設定しているはてなブログPROに、wwwなしドメイン(uwano-sora.com)でアクセスするため、レンタルサーバーを使ってURL転送を実装しました。色々調べたことを含め、実際にやったことを書き留めておきます。

筆者はエックスサーバーを使いましたが、他のレンタルサーバーでもほぼ同様だと思います。

レンタルサーバー側の設定

レンタルサーバーを借りたら、まずはサーバーのコントロールパネルから、使用するドメイン名(uwano-sora.com)を設定します。これによりサーバーにドメイン名のフォルダが作成されます。

使うサーバーによりフォルダ構造は若干異なると思いますが、エックスサーバーの場合は、以下のようなフォルダ構造になり、公開するファイルは”public_html”という名称のフォルダに入れることになっています。

インターネットからこのフォルダにたどり着いたアクセスを他の宛先に転送するためには、このフォルダ直下の特殊なファイル「.htaccess」に転送の命令を記述してやります。

.htaccessファイルは記述を間違えるとシステムに支障が出る重要なファイルなので、必ず編集する前にバックアップを取っておき、慎重に編集しましょう。

なお、エックスサーバーのコントロールパネルには「サイト転送設定」という機能があります。この機能を使うと画面に従って必要情報を入れるだけで.htaccessファイルに転送命令を書き込んでくれるので便利です。

筆者も最初はこの機能を使って転送することに成功しました。「サイト転送設定」でuwano-sora.comをwww.uwano-sora.comに転送する設定をすると、.htaccessには以下のような命令が書き込まれます。

この命令は、uwano-sora.comのURLで当該フォルダにたどり着いたアクセスを、無条件にwww.uwano-sora.comに飛ばす働きをします。通常はこれで問題ありませんが、このサーバー上で別のサブドメイン(ここでは srlife.uwano-sora.com)のサイトを構築する場合は、この設定のままだとうまくいきません。

エックスサーバーでサブドメインsrlife.uwano-sora.comを設定したときのフォルダ構造は以下のようになります。サブドメイン用のフォルダ(srlife)はドメイン用フォルダの下層に作成されます。(ちなみに別ドメイン sorabase.com を設定した場合は、uwano-sora.com と同レベルにフォルダが作られます)

そして.htaccessファイルの記述は下層フォルダにも効力を持つので、このままだとサブドメインsub.uwano-sora.comへのアクセスに対しても、ドメイン用に設定した転送が効いてwww.uwano-sora.comに飛ばされてしまうのです。

これを回避するには、下層フォルダの.htaccessで上層の.htaccessの命令を打ち消すような記述を書いてやるか、上層の.htaccessの記述を特定のアクセス以外には影響しないような条件を付けて記述してやる必要があります。下層で打ち消す仕組みは間違うリスクが大きいので、ドメインフォルダ直下の.htaccess記述を以下のように書き換えました。書き換えには通常FTPソフトを使いますが、エックスサーバーのコントロールパネルには「.htaccess編集」という機能が用意されているので、これを利用すると簡単です。

これにより、uwano-sora.comでたどり着いたアクセスだけ、www.uwano-sora.comに転送されるようになります。

但し、この時点ではまだインターネット上でuwano-sora.comとこのフォルダが結びついていませんので、誰もたどり着いていません。

ドメイン管理業者側の設定

ドメインを取得したときに、当該ドメインとサーバーの紐付け管理をするDNS(ドメインネームシステム)の役割をどのDNSサーバー(ネームサーバー)に割り当てるか、ドメイン管理業者に登録していると思います。ドメインuwano-sora.comの場合は、ドメインを取得したムームードメインが運営しているムームーDNSというネームサーバーを使うことにしていました。

当初は独自ドメインではてなブログにアクセスできるように、www.uwano-sora.comというサブドメインとはてなブログのを結びつける記述だけがムームーDNSに記述してありました。これに、ドメインuwano-soraとエックスサーバーを結びつける記述をしてやります。

DSNの情報がインターネットに反映されるまで少し時間が掛かりますが、これでuwano-sora.comからはてなブログのwww.uwano-sora.comへの転送が実装されたことになります。

結局エックスサーバーのDNSサーバーを使うことに変更

この後筆者は、uwano-sora.comのネームサーバーを、ムームーDNSからエックスサーバーのDNSサーバーに変更しました。やったことは、

(1) エックスサーバーのDNSサーバーに最初から書かれていたwww.uwano-sora.comの記述をはてなブログ向けに変更。

(2) ムームードメインで、uwano-sora.comのネームサーバーにエックスサーバーのDNSサーバーを登録。

という作業です。これで色々な作業がエックスサーバーのコントロールパネルに集約されるので、後々の管理が容易になりました。結局ムームーDNSの設定は不要になったので、最初からこの方法にしておけば良かったです。

最後に

この記事の転送をしたのは、独自ドメインのはてなブログでのグーグルアドセンス申請を受け付けてもらうためでした。ですが、この転送設定に加え、グーグルサーチコンソールへのドメインの登録をして初めてアドセンス申請を受け付けてもらえました。

この辺の経緯やその後の対応については別記事を参照して下さい。

独自ドメイン運用のはてなブログでのアドセンス申請と、WordPressへの移行計画の話

但し最終的に筆者はuwano-sora.comのサイトをエックスサーバーで構築することにしましたので、当記事に書かれている転送設定は既に解除しています。

短期間に色々と調べて設定をいじりまくったので、記憶が忘却の彼方に去って行く前に、やってきたことを記録するためにもこの記事を書きましたが、更に誰かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です