シャープの加湿空気清浄器の水切れランプ点滅が水を入れても止まらない件

筆者の自宅の寝室には、数年前インフルエンザに掛かったときに導入したシャープの加湿空気清浄機があり、毎日稼働させています。

最近になって、タンクに水を入れても水切れランプの点滅が止まらない症状がちょくちょく出ていました。

それがついに常に点滅する状態になったため、説明書を探し出してきて調べてみました。

形名がKC-E50という、シャープお得意のプラズマクラスターを発生させるモデルですね。

説明書の「こんなときは?」のページに、ちょうど今回の症状と同じものが載っていました。

右側の「お調べ下さい」の欄の最初に書いてあるのが「フロートが引っ掛かっていませんか?」でした。フロートってなんじゃい、ということで説明書を読んでみると、どうやら水タンクのトレーにある水量を検知するための「浮き」のようです。

トレーは少し持ち上げると引き出すことができました。

予想通り水垢やほこりなどでとてもきたない状況になっていました。この辺は全く手入れしていなかったので当然ですね。このせいでフロートが動きにくくなっていたのでしょうか。写真は撮ってあるのですが、あまりにきたなかったので汚れを少し拭き取った後の写真を載せています。(^_^;

ちなみにフロートというのはこれです。

元に戻して水タンクを設置すると、見事点滅がなくなり正常になりました。良かった~。

ちなみにこの製品のフィルターなどは10年持つということなので、ほとんどほったらかしで使っていたのですが、やはり最低限のメンテは必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です